オモロ・トリガー

クロノ・トリガーはオモロい。だからオモロ・トリガー

このブログについて

ブログって何のためにやっているのかという問題。

僕の場合は実に抽象度の低い発想なのだけど、自分が普段考えていることをアウトプットして、他の誰かに知ってもらいたいから。

下手な表現だけど「かまってちゃん」ってやつなのかもしれないね。

もちろん知ってもらうだけではなくて、僕の意見を読んで、批判なり共感なり、何らかの反応がほしいとは思ってる。

そうすると、それに対して僕も何らかのリアクションが出来るかもしれない。

けっこう議論好きなところは昔からあって、何かとややこしい話をしたがる悪い癖がある。

現実の場面でこういうことをしていると、何だあいつ?気持ち悪いやつだなぁと思われておしまいだけど、インターネットの中でなら別にそう思われたところで特に問題は起こらない。

1000人にキモイと思われても、1人の共感してくれる人を発見することの方が価値は高い。

そんなことを考えつつ、今もこうして記事を書いているところだ。

アウトプットを繰り返していると、多分だけど当初の自分の脳内にあった思考よりも、さらに洗練されたイメージが出来上がると思う。

実際、自分が考えていることを他人に聞いてもらう機会は少ない。

実生活の中では、狭い人間関係の中で自分の本音を包み隠さずに述べることって、けっこう難しいのだ。

けれども、ブログをやっていると、そういう鬱積した自分の内面を、恥も外聞もなくさらけ出すことが出来てしまう。 (それが暴走した結果、炎上してしまうというのがありがちな傾向なんだろうけど)

しかも、僕はこのようにブログなどを通して自分の意見を発信することによって、実生活にもいい影響が出てくるのではないかと画策している。

どういうことか?それは次のような理由だ。

  1. 頭の中で考えているだけでは、自分の意見の盲点に気付けない
  2. 盲点とは自分の知識、意識の死角になっている部分で、スコトーマともいわれる
  3. スコトーマに気付くことはそれ自体が矛盾しており、困難だ
  4. 自分にとっての死角は、他人が見ると鮮明に見える視点だったりもする
  5. ブログ等で不特定多数の人に意見を発信することによって、スコトーマに覆い隠された新たな視点を得ることができる、かもしれない
  6. こうした経緯でより洗練された意見を搭載して、なかなか失敗の許されにくい実生活で発言や行動を起こしていく

とまぁこういう流れを夢想していたりするワケだ。

自分で書いててもびっくりするくらい理想的なステップアップの手段だと思う。

実際には、それだけ多数の人の目に触れ、なおかつ意見を頂くなんてことは難しくて、そこまで辿り着くのに様々な試行錯誤が必要にはなるんだけども。

さっさと結果がほしい僕には面白い世界だ

僕は基本的にめちゃくちゃ飽きっぽい。その上、やったことに対するレスポンスを気長に待っていられない性格だ。

例えば、努力を続けてさえいればいつかそのうち目標に達することができる、という正論中の正論も、僕には実行不可能な難易度ベリーハードの態度だ。

  • 腹筋を続けていれば、いつか夢のシックスパックになれる
  • 英語の勉強を続けていれば、いつか喋れるようになる
  • たくさん本を読んでいれば、いつか夢がかなう

そんなんムリ。待てない。

はやく結果がほしい、結果が出るのを待っていられない。待っているうちに飽きてほかの方法を考えてしまう。その繰り返し。

なんだ、結果が出ない奴のありがちなダメダメパターンじゃないか……なんて思わないでね。わかっちゃいるけど、直らない。

性格が直らないというのは、根本的にはその性格を直す必要がないと思っているからで、白状するけど、僕は自分のこういう性格がわりとお気に入りだったりする。

そのような性格を鑑みても、ブログはとっても相性がいいツールであり遊びだ。

なぜなら、ブログは結果が出るのがめちゃくちゃ早いから。いちいち待っていなくたって、読まれる記事はあっという間に読まれるし、読まれないものはいつまでたっても読まれない。

だから、今発信したものに対する待ちの時間というのが、非常に少なくてすむのだ。

結果がはやくフィードバックしてくるから、その結果を見て次の行動にもつなげやすい。たくさん読まれたのなら読まれた理由を分析できるし、反対にまったく読まれない場合にも、なぜ読まれなかったのかを分析して、次はまったく別の行動をとることができる。

そうして速いテンポで試行錯誤していくことができるツールの代表選手がブログってことだ。

まとめ

ブログを書くことで、自分の意見を強化することができる。

意見なんて、自分の頭の中で考えているだけじゃあ大して洗練されることはない。

意識の死角になっているスコトーマを見つけるためにも、ブログはとっても有効なのである。

ちなみに、知っている人はすでに、あ、こいつあの人からの影響を受けているな、と気づいていると思うので最後に紹介してみる。

圧倒的な価値を創る技術[ゲシュタルトメーカー]

圧倒的な価値を創る技術[ゲシュタルトメーカー]

苫米地さんの本はたくさんあるけど、内容的には重複している部分が多い。

だから、まだ読んだことがないよという人は、とりあえず何か一冊をまずは読んでみてほしいな。

人生の悩み、仕事の悩み、人間関係の悩み、生きているとたくさんの悩みがあって、息苦しさを感じることってあるでしょ?

そういった悩みの解決の糸口が得られるのが、苫米地さんの数々の書籍だ。

読みだしたら納得できる部分がたくさん見られて、次々と「知りたい」欲求が止まらなくなって、結局何冊も何冊も読みこんでしまう。

上手いことやられてるなと思うのが、大部分がKindle Unlimitedの対象商品になっているから、会員にさえなっていれば月額980円で大量に読み込めてしまうところ。

そうすると、Unlimited対象外の本にも興味が向いて、購入に至るというワケ。

もちろん、その価値は確実にある。

僕は悩んでばかりいる性格だったけど、気が付くと、人生をいかに楽しむかということばかり考えるようになってた。

その結果、今まで見えていなかった世界の広がりを頭の中で感じていたりもする。

それは、30歳になってそれなりに色んなことを経験して、考えてきたからこその到達点で、何も苫米地さんからの影響がすべてではないと思うのだけど、それでも多大なる影響を受けているのは間違いない。

こんなこと書いてると信者みたいでイヤだけど、絶対に何らかのいい影響を与えてくれる人だと思うので、最後に紹介してみた。

プロフィール
id:omoro95311